見出し

@着物を売りたい

生前に身の周りの整理をしたり、遺品の整理をして出てきた着物を、売りたいと思っている方は多いようです。着物は洋服と違って、着ないからと捨ててしまうのには抵抗があります。着物は高価なものが多いですし、特別なものです。また、お祝い事で着た着物などは、思い出も詰まっているでしょう。ただ、着物の管理は難しく、定期的に陰干しをするなどお手入れが必要です。また、しまっておくだけでは着物の価値も半減してしまうでしょう。出来れば誰かに着てもらうのが、着物にとっても一番良いですよね。着物を売れば、それを必要とした人の手に渡るのです。

 

着物を売りたいけれど、どんな方法があるのか、どんな方法を選んだら良いのか分からないという方のために、当サイトでは分かりやすく説明していきます。

A着物を売るにはどんな方法がある?

着物を売るには、いくつかの方法があります。

 

★着物買取専門店に買い取ってもらう
★リサイクルショップに買い取ってもらう
★質屋に買い取ってもらう
★フリマアプリで売る
★フリーマーケットで売る
★インターネットオークションで売る

 

主なところでは、これらの方法が考えられます。ただ、注意しなければならないのは、着物の価値や値段を見極める査定は、とても難しいということです。着物の査定には、専門的な知識が要求されます。通常、リサイクルショップには着物の査定員はいません。また質屋の場合も、着物を査定できる人がいるかどうかはわかりません。ということは、着物を正しく査定してもらえないこともあるわけで、高値がつくことはあまり望めません。フリマアプリ、フリーマーケット、インターネットオークションなども、こちら側に着物の知識がないと、落札者とのやりとりでトラブルの元となることもあるので気をつけましょう

 

その点、着物買取専門店には着物の査定員がいるため、安心して利用することが出来ます。着物を売りたいと考えているならば、着物の知識を持った査定員のいる着物買取専門店に売る方法が良いでしょう。

B着物を売るなら着物買取専門店をおすすめする理由

着物を売る方法はいくつかありますが、その中で一番おすすめしたいのは着物買取専門店に買い取りをしてもらう方法です。それにはいくつかの理由があります。

 

★着物の知識が豊富な査定員がいる
着物の価値を正しく見極めて査定するためには、着物の専門的な知識が必要です。しかしリサイクルショップや質屋には、着物を査定出来る人がいないのが通常です。せっかく価値のある着物だとしても、その価値がわからなければ安値が付いてしまうこともあるのです。着物買取専門店には着物の査定員がいますから、安心して査定してもらえるのです。

 

★着物を正しく査定してもらえるので、高値で買い取ってもらえる
着物の査定員がいて正しく査定をしてもらえれば、価値のある着物を見極めてもらえます。中には思わぬ高値がつく着物もあるのです。

 

★こちら側に着物の知識がなくても安心
フリマアプリやフリーマーケットで着物を売る場合は、落札者や購入者とのやり取りが必要になります。売りたい着物に関して何か質問をされても、売る側に着物の知識がないと、正しい返答が出来ない場合があります。思わぬトラブルになることもあるのです。

 

★出張買取、宅配買取、持込買取がある
着物買取専門店には、出張買取、宅配買取、持込買取の3つの買取方法があります。出張買取は、自宅まで査定員が来て着物を査定してくれます。宅配買取は、着物を宅配便で送った後に査定してもらう方法です。持込買取は、お店に着物を直接持ち込んで査定してもらいます。ご都合の良い好きな方法を選べるので便利です。

 

★着物の数が多い時など、出張買取はとても便利
着物の数が多い時などは、着物を送ったり持ち込んだりするのは大変です。そんな時は、出張買取がとても便利です。査定員が自宅まで来てくれるので、着物を持ち運んだり、梱包して発送する必要がありません。

 

★手数料無料
着物買取専門店では、査定料、出張料、買取を望まなかった場合のキャンセル料、着物を送る際の送料などが一切かかりません。

Cバイセルがおすすめ

数ある着物買い取り専門店の中で、当サイトのイチオシはバイセルです。

 

バイセルの一番の魅力は、スピードです。お問い合わせをしてから査定員が訪れるまで、最短で30分です。査定のスピードも速いので、お手間を取らせません。査定の結果に納得し買い取りを希望すれば、その場で代金を受け取れます。今すぐに売りたい、すぐにお金が欲しいという方には特におすすめです。

 

バイセルでは、3つの査定方法から好みの方法を選ぶことが出来ます。出張買取、宅配買取、持込買取があるので、ご都合の良い方法をお選びください。着物の数が多かったり、着物を持ち運ぶのが面倒という方には、出張買取がおすすめです。自宅を査定員が訪問するのは嫌だという方は、宅配買取が良いでしょう。着物を宅配便で送れば査定をして、査定結果を報告してくれます。自宅に査定員は来て欲しくないけれど、実際に目の前で査定をしてもらって確認したいという方には、持込買取が向いています。バイセルの東京本社で査定をします。

 

バイセルの査定員は、着物の豊富な知識を持っていて、接客マナーの良さでも知られています。訪問時にはしっかりと社員証を提示してくれますし、会社説明や買い取りの流れ、クーリングオフについてなどが掲載されたパンフレットももらえます。また、男性査定員には抵抗があるという方のために、女性の方に限り女性査定員を指名することができます。査定員が帰った後には、本社からのフォローの電話もあります。

 

バイセルでは、手数料はすべて無料です。出張料、査定料、送料、キャンセル料は一切かかりません。また、契約日から8日間はクーリングオフもできますから、安心して利用出来るのです。

 

※2018年7月1日より「スピード買取.jp」はサービス名を「バイセル」へ名称変更致しました。

D着物を売るときに気をつけること

着物を売る時には、いくつか気をつけることがあります。高く買い取ってもらうためには、押さえておくべきポイントがあるのです。

 

まず、証紙です。着物には、証紙がついているものです。証紙は着物の品質を保証するものなので、証紙がついていた方が買取価格は高くなります。証紙には、着物の織り元の名前や正絹シール、染め証紙、伝統工芸品シール、検査済証などがついています。正絹は「しょうけん」と読み、正絹シールは絹100%であることを証明するものです。また、着物には伝統工芸品に指定されたものが多くあり、紬(つむぎ)や友禅などはその代表的なものです。これらには伝統工芸品シールがついています。着物を売る際には、証紙を用意しておきましょう。

 

どんなに価値のある着物でも、保管状態が悪くてはいけません。カビやシミ、汚れの原因となります。着物は湿気や日光を避けなければいけません。陽には当てずに陰干しをして湿気を取り、しまいっぱなしにせず、時々タンスの換気をする必要があります。

 

また、着物は今の人の体格に合ったサイズのものの方が、需要が高くなります。身丈160センチ以上、裄丈65センチ以上あると良いでしょう。

 

着物を売りたいと考えている方は、いつかのポイント押さえつつ、信頼出来る着物査定員のいるバイセルに売ると良いでしょう。